アルバイト採用の雰囲気

学費は父兄が支援するが、家族は生活費を支援する余裕がない。 彼は昨年、4段階の試験の末に合格して修学能力試験を受けた後、あらゆるアルバイトをした。 授業が終わった後は夜間警備員を務めながら飲み屋を経営し、授業のない日は工事現場の作業員として働いた。 彼が稼いだお金は、3食の食事や携帯電話料金、教科書代金を支払うのに十分だった。 休みの間、私はたくさんのお金をもらった塾で講師として走った。

毎年12月から翌年2月まで「冬のアルバイト」市場は低所得層と低所得層の大学生の生計維持と学業を続けるための戦場である。 親から学費や生活費を賄えない学生たちは、来学期の授業料や生活費のためにアルバイトに金をかけている。 このような冬のアルバイト市場は、今年に入り冷え切っている。 これは若者が主に働くカフェ、飲み屋、そして食堂がコロナ事業上の制限によって直接的な打撃を受けたからだ。 賃貸料と人件費が手に負えず、廃業するアルバイトも辞めずに社長の座を守っている。 アルバイトを探すという発表があれば、70~80人の若者が1ヵ所に集まる切迫した状況になる。

最近、冬にバイトを探すことをロトと呼ぶ。 4日現在、首都圏のブランチカフェには52人がアルバイトの公告を申し込んだ。 午前10時から午後6時まで、飲み物の製造や包装、売場の管理を委託し、月200万ウォンの給料を支払うところだ。 京畿道富川市(キョンギド·プチョンシ)の遠美(ウォンミ)高校3年生のソ某君(18)は、「修能が終わった2週間前からアプリでアルバイトを探しているが、カフェやネットカフェの場所は一つだけだ」と話した。”

ソウル広津区華陽洞(クァンジング·ファヤンドン)で薬局を経営する金某さん(51)は先月中旬、「1時間制仲介アプリに薬局でアルバイトを探している」という書き込みを掲載してびっくりした。 携帯電話の番号を残し、年齢や簡単な履歴などを送ってほしいと頼んだが、2、3日間「メール爆弾」に苦しんだ。 例年は40~50人が志願したが、これは7~8人しかいなかった。 多くのテキストが緊急雇用を呼びかけていた. 許可していただけるのなら最善を尽くします。 「私は誰よりも情熱的で、여우알바 私の誠実さと忍耐心が誇らしいです」「私は母が保健所を運営しているので、これを早く学べると確信しています」 連絡ください。’最善を尽くして誰よりも几帳面にします。’’

配達員や配達トラックなど「コロナ特産品」に出くわしたバイク配達員と業者だけが選ばれる。 公務員試験を準備しているチェ氏(28)は、今年のクリスマスに京畿道利川(キョンギド·イチョン)物流センターで勤務した。 学校の図書館で勉強して家で即席ご飯、キムチ、ツナの缶詰などを食べましたが相変わらず忙しいです。 氏は、「金に困っているので、バイトを増やしたいが、勉強しなければならないのではと心配だが、滞在できそうにない」と話した

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다