メディアのインタビューを通じて電子メールを送ったきっかけを伝えました。

日本人の母親がいて、日本沖縄で生まれたLAドジャーズのデイブ·ロバーツ監督が球団組織全体に電子メールを送り、米国内に滞在しているアジア系出身たちに対する人種差別に糾弾した。

北米のスポーツ専門メディア「ディアスレティック」は9日(以下韓国時間)、ロバーツ監督が全球団に送った電子メールを公開した。 スプリングトレーニングが始まった直後に送信されたメールの骨子は、「アジア系外国人に対する憎悪と嫌がらせは卑怯なもの」というものです。

ロバーツ監督はドジャース球団の全幅的な支持を背にメールを作成した。 メールでロバーツ監督は「最近1年間、アジア系米国人と太平洋の島民に対する憎悪犯罪が増加してきた。 ここ数ヵ月間、このような犯罪はさらに深刻になり、カリフォルニアとニューヨークの老人を目標にしている」 そんな嫌がらせは卑怯なことだ」とし「不幸にも反アジア感情は米国歴史の一部です。 世界の問題を韓民族に転嫁するかのように見えながら、パンデミックの時局に再び姿を現わ。 世界的な流行病の理由をアジア系アメリカ人になすりつけるのは明らかな間違いだ」と指摘した。

また「ドジャースは黒人のジャッキー·ロビンソンのほかにも、朴賛浩(パク·チャンホ、韓国)、野茂英雄(日本)、銭金鋒(台湾)らアジア出身選手が初めて大リーグデビューできるようにした球団という遺産を持っている。 ドジャースは他の大リーグよりもアジア系選手を多く保有している」とし「うちの球団も米国で最も多くのアジア系アメリカ人の支援を受け、多様なファン層を抱えている。 ドジャーススタジアムはみんなに共通の空間だった」と語り、ドジャース組織の貢献について言及した。

最後に「私は沖縄で生まれ、母親が日本人だということを多くの人が知っている。 「私はアジア系アメリカ人や地域社会、そして包容力ある開放的な社会を支持する他の人々と肩を並べることができ、誇らしいです。 アジア人への憎悪(憎悪)が止まるように」と言及した。

バーツ監督がドジャースの組織全体にメールを送ることになったきっかけとして、台湾系アメリ 스포츠중계 カ人出身でNBAで活躍したジェレミー·リンから「私たちは人種差別を経験していないし、問題を起こしてはいけないと言われて疲れました。 私たちは透明人間になり、同僚たちが経験している困難は現実ではないと話すことに疲れた」というSNS掲載物が決定的な影響を及ぼした。 また、ドジャースの組織内にも現在、ロバーツ監督の他に日系人のスコット新崎秘書官、中国人のジョン·スーフー球団専属写真士など長寿職員がいるということもロバーツ監督が声を出す上で理由として働いた。 ロバーツ監督は、赤崎秘書官との通話後、電子メールの草案を作成しました。

ロバーツ監督は「私が正しいと信じていることについて話すのですが、平和な環境です。 アジア系アメリカ人に向けた特別な状況は日本出身の母を持つ私に影響を与えることでした。 現在この国で起こっていることを見ました。 私たちの組織でアジア系米国人に対する支持を示し、私が正しくないと思っていることが米国で起きていることを認めなければなりません」 わが組織の内部のために何かをしなければならないという思いがした」とメディアのインタビューに応じ、電子メールを送ったきっかけを伝えた。

またロバーツ監督は「どんな組織であれ、この問題について真っ先に声を出さなければならないというなら私たちでしょう。 ドジャース球団が私の見解を支持し、集団で連帯するということを知らしめた方が良いです」 すべての人々が聞かなければならないメッセージがあります」と強調し、アジア系出身のアメリカ人に対する人種差別があってはなりませんと繰り返し強調した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다